本日のおすすめ『GONTITI【放課後の音楽室】ギター伴奏弾き方Part2』等

クラシック100バカ アコギに必要な音楽理論を理解→整理→反復の3ステップで身につける本

ここにもあそこにも、あんなバカこんなバカ、クラシックの世界にはバカがいっぱい!偶像崇拝、唯… 独学で音楽理論を学びたいアコギ弾きにピッタリの本「難しいコードを覚えたい」、「いろんなジャ…

注目の情報『ハーモニカ上達革命 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】』(株式会社トレンドアクア)

ハーモニカ上達革命 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】

~音楽経験ゼロでも自宅で楽しくマスターできるブルースハープ習得講座~
思うようにベンドができない練習する時間がない音が分からず耳コピーできないキーが分からず、どのハーモニカを使ったらいいか分からないアドリブができない音が混ざってしまってキレイな単音が出ない演奏していると手が疲れたり、唇が疲れてくるだんだんと吸うのが苦しくなってしまう2番を吸っても正しく音が出ない楽譜が読めないこれから始めたいが、何から練習したらいいか分からないなどなど……困りごとや分からないこと、うまくいかないことはたくさんあるもの。
しかし、そうした困りごとは全てこのプログラムで解決することができることでしょう。
ここでお伝えしている平松先生の教えは、上手いブルースハープの演奏者に共通している『キレイな音色』『曲にぴったりとマッチしたアドリブ演奏』『的確なリズム感』『聴衆を魅了する演奏テクニック』など、これ以外にも上手い奏者として必要な要素を強化、改善し、今日初めてブルースハープを手にした初心者でも、1ヶ月もしないうちにキレイな音が出せるようになるでしょう。
例えば、経験上、単音が出せない人はほとんどがやり方を間違えているだけです。
正しいやり方を知ることでものの3分で単音が出せるようになる人も少なくありません。
ベンドができない人も同様にやり方を間違えているだけという人がほとんどですから、たいていの人が簡単に音を下げることができるようになっています。
もちろん、なかなか思うように演奏できないと悩む初心者や中級者も1ヶ月もあれば、格段にレベルアップできるでしょう。
なにせ、平松先生の指導によってブルースハープを始めてからわずか2年で全国大会で準優勝している人がいますし、全国大会に出られるようになっている人はたくさんいるのですから。
しかしながら、多くの人が次のような勘違いや間違いをしていたり、正しい演奏方法、練習方法を知らないという理由でなかなかうまくならないという状況に陥っているようです。
センスや才能は関係がないのにもかかわらず。

ハーモニカ上達革命 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】の公式サイトへ

ギター・マガジン 三栄ムック SUPER DETAIL FILE MAZDA 787B

違いを体感しながら大人のエッセンスを自然に取り入れようジャズを弾きたいけど難しそう!どこか… ■見どころ:マツダ787Bの細部を徹底的に探求した一冊■目次:栄光のマツダ787B、その足跡を写真で振り返る 四半世紀を過ぎて色褪せぬ‘快挙’SUPER DETAIL FILE MAZDA 787B スーパーディテール ファイル:マツダ787Bスタイリング編CLOSE-UP 787B Miniatures ‘超精密’ 1/64トミーテックシャシー編エンジ…

おすすめはやはり『ハーモニカ上達革命 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】』

ハーモニカ上達革命 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】

平松先生にまとめていただいた方法は、先生の奏者としての知識、経験はもちろん、これまで延べ1000人を指導してきた経験から、ブルースハープをまったく触ったこともないような初心者でも、始めたばかりの初級者でも着実に上達できるようなやり方、練習方法によって飛躍的な結果が出るようになっています。
しかし、「とても厳しい練習では?」「練習時間があまり取れない人は無理では?」「年配の人には難しいのでは?」「楽譜は読めないし、ドレミくらいしか知らないレベルでは厳しいのでは?」といった不安や疑問があるかもしれません。
ですが、もしそうだとしてもご安心ください。
平松先生はよくブルースハープは簡単な楽器とおっしゃるように難しいことはありませんし、普通にブルースハープを手で持つことができて呼吸ができれば、はじめてでもできます。
決して無謀なつらい練習をする必要もありません。

ハーモニカ上達革命 【世界2位のプロハーモニカ奏者 平松悟 監修】の公式サイトへ