本日のおすすめ『ショパン ノクターン遺作20番 嬰ハ短調 Chopin Nocturne cis-moll/Finale 楽譜作成ソフト』等

3つのケーススタディでよくわかるオーケストレーション技法 トランスクライビングからアレンジまで 高速道路ファン手帳

ポップスからクラシックまで、管弦楽アレンジとはどういうものかを知りたかったら手始めにまずは… テーマパーク化著しいPA、SAの魅力など最新観光情報から、珍標識、ランキング、絶景スポット等のトリビアまで。また、新東名、新名神、圏央道等の開通で進む物流革命や、震災復興で高速が再評価される今、インフラの未来予想図をコンパクトに示す。郵便局巡り、世界遺産巡りで著名な旅のプロであ…

注目の情報『MAEZY式ルーディメンタル・ドラミング』(株式会社Phoenixプロジェクト)

MAEZY式ルーディメンタル・ドラミング

ルーディメンタル・ドラミングを正しく学びたいと 考えている人は、先入観を捨てていくべき
元々ずっと幼少から音楽はやっていましたが、それは全く役に立ちませんでした。
当時の先生に言われたのは、マーチング以外のドラム経験では変に叩くクセがついてしまっているために返って上達は伸び悩み、正しいスタイルに矯正するまでが大変だと言われました。
現在は情報化社会です。
当時18歳だった私の時代に比べれば、様々なドラムの情報もインターネットで簡単に手に入ります。
しかし、今度はどの情報が正確なのか分かり難くなり、場合によっては間違ったクセがついてしまうといった事態も起きています。
なかなか上達できないのは決してアナタのせいではありません。
映像だけを見よう見マネで教えているマーチング専門外のインストラクターの責任だったり、単純に間違ったテキストが多すぎるせいなのです。
私はたまたま運命的な出逢いがあったので助かりましたが、もし、そうではない先生に出逢ってしまったり、間違った情報を鵜呑みにしたまま練習を続けていれば、今の自分はなかったと思います。
そこで、これからルーディメンタル・ドラミングをやりたいという人を1人でも多く救いたい。
正しいスタイルやノウハウを学んでもらいたい。
マーチング業界の発展につなげたい!しいては、エンターテイメント業界全体の向上につながり、最終的には世の中がもっと明るい方向に向いてくれたら素晴らしい!…という壮大で大それたことまで考えて、今回はE-BOOKを作成するに至りました!まず、第一に根本的に他のドラムのスタイルと全く異なります。

MAEZY式ルーディメンタル・ドラミングの公式サイトへ

宇都宮 隆/Magnetica いるべき場所

宇都宮隆のオフィシャルファンクラブ「MAGNETICA」の5周年の際にファンクラブ限定で発売された『M… ベテラン日本語ラッパー、ECDが生まれてから現在まで、特に音楽を中心にして半生を振り返った「音楽的自伝」。ラジオを通してロックに目覚め、パンクと出会い、劇団での活動を経て、ラッパーとなりつつも日本語ラップシーンにも違和感を感じて新たな地点へと、常に「いるべき場所」を探す、その…

おすすめはやはり『MAEZY式ルーディメンタル・ドラミング』

MAEZY式ルーディメンタル・ドラミング

ちなみに、最終的にはオケや吹奏楽、ロック、ジャズへ転向したいという方もいるかもしれません。
そのような方であってもルーディメンタル・ドラミングから学ばれた方がいいです。
着実にドラムの基礎がつき、最初から特定ジャンルだけを学んでいた人よりはるかに高いレベルで叩けるようになるでしょう。
アメリカではどんなジャンルの音楽を学ぶにしても最初にしっかりルーディメントを勉強してから特定ジャンルのスタイルを学び始めます。
また、ここまで言うと、『ルーディメンタル・ドラミングの教則本は今までにも多くちまたに売られているから何もアナタのテキストじゃなくてもそんなに違いなんか無いのではないか?』と思われるかもしれません。
しかし、それは違います。
何が違うのかハッキリ申し上げますと…このテキストは正しい知識を正確に伝えられる人間が書いているという点です。
もっと具体的に申しますと、「教え方」を学んだプロのコーチングスキルを持った人間が作成しているということなのです。

MAEZY式ルーディメンタル・ドラミングの公式サイトへ